近藤久美から飼い主さまへのお手紙

 
 
お手紙を読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
このお手紙は
愛するペットをご家族に持っていらっしゃる飼い主さまへ
ペットはいないけど、愛するご家族がいらっしゃる方へ
 
お伝えしたいことを、綴っていこうと思います。
 
 
 
    ペットの行動は、飼い主さまの内面が関係している
 
 
よつばサロンをオープンしてから、たくさんのペットと飼い主さまと
ご縁をいただきました。
 
 
「愛する我が子の気持ちを知りたい」
 
そう思われる飼い主さまはとても多く
我が子の暖かい気持ちを受け取って
幸せいっぱいの笑顔になられた飼い主さまを
たくさん見させていただいています。
 
 
 
 
 
でも、その反面
 
「吠えだしたら止まらない」
「人を噛んでしまう」
「異常に怖がる」
「限度を超えた問題行動」など
 
深刻な悩みをご相談に来られる飼い主さまも
少なくありません。
 
 
こういったアニマルコミュニケーションの場合は
まずはペットに
 
なぜ、そういった行動をするのか」
 
というところから聞いていきます。
行動には、必ず理由があるからです。
 
 
そんな中、気がついたことがありました。
 
 
それは
飼い主さまの内面が影響している場合がある
ということです。
 
 
ペットの行動の悩みを解決していくには
アニマルコミュニケーションだけではなく
 
飼い主さまもケアをしていくことが必要だと
 
そのときに、感じました。
 
 
 
    飼い主さまのエネルギーを、ペットはしっかり感じて受けている
 
 
飼い主さまの内面が影響していることの例えを出すと
 
来客にたいして、必要以上に吠えるワンコさんの飼い主さんが
いつもピリピリイライラしている状態だったり
 
自分の毛を、はげてしまうくらい噛んでしまう猫さんの飼い主さんが
いつも大きなストレスを抱えていたり
 
ペットは人間以上に、感じるという感覚が優れています。
 
 
なので、飼い主さまのエネルギーを、一緒に暮らしているペットは
しっかりと受けています。
 
 
だからといって飼い主さまに
「ピリピリイライラしないようにしましょうね」
「ストレスを感じないようにしましょうね」とお伝えしたところで
 
「でも、どうしたらいいの?」
「好きでピリピリイライラしているわけではないし
好きでストレスがあるわけではない」
 
というところではないでしょうか。
 
 
 
    飼い主さまとペットが一緒に幸せになっていく世界
 
 
アニマルコミュニケーションで
ペットの心のおくにアクセスするだけではなく
飼い主さま自身の心のおくもケアをしていく
 
 
飼い主さまの心のおくをケアするということは
 
自分自身を知る
自分自身と向き合う
 
ということです。
 
 
ペットの幸せを願う飼い主さまがほとんどだと思いますが
 
ペットの幸せを願うのであれば
まずは飼い主さまが幸せであること
 
これは、とてもとても大切なことです。
 
 
飼い主さまが心から幸せであれば
幸せのエネルギーを発します。
 
 
 
そうなれば、一緒に暮らしているペットは
そのエネルギーを受けますので
しだいに変化があらわれてくることと思います。
 
 
今の私にできることは
飼い主さまとペットに寄り添うこと
 
そうすることで
飼い主さまとペットが一緒に幸せになっていったらいいな~
 
私は、そう思っています。
 
 
飼い主さま向けの心のケアとして
自分で自分をケアをすることができて
人生を、ふわっと幸せにしていくプログラム
提案しています。
 
 
世界中に住んでいる
日本人の飼い主さまとペットが一緒に幸せになる
 
そんな世界が広がり、確立していく
 
私、近藤久美が願っていることであり
作り上げていきたい世界です。