近藤久美プロフィール
 
 
1973年福岡県久留米市生まれ
愛知県小牧市育ち
両親は福岡県久留米市出身
先祖代々、九州の血筋 


 
結婚を機に、愛知県弥富市に引越し
その後、三重県四日市市に
念願の小さなお庭付の一軒家を購入
 
現在は四日市市の自宅にて
「よつばサロン」を展開

 
名古屋市内の高校卒業後
国内旅行添乗員、フィットネスクラブ受付、事務職を経験。
 

21歳のとき
「ちょっとだけ南国で過ごしてみたい」と
行った宮古島にはまってしまい、24歳まで過ごす。
 
2012年1月、10年間高速通勤していた会社を退職。
 
「次は好きなことを仕事にしたい」と思い
犬好きだった私は、いつも犬と触れ合える仕事を模索していたところ
 
「人は動物とお話ができる」
という文字を見つけて
「え~!なにそれ~!!!」と
強い衝撃を受ける
 
そして「私も動物とお話してみたい」
という強い思いを持って
複数の先生のもとで
アニマルコミュニケーションとアニマルヒーリングを学ぶ。
 
 
2013年9月、自宅サロンをオープン。
本格的に活動を開始。
 
約500頭のアニマルコミュニケーションセッション
アニマルヒーリングセッションをおこなう。
 
 
セッションをしていく中で
「誰にでもアニマルコミュニケーション、アニマルヒーリングはできる」
ということを実感。
 
ひとりひとりのペースで受講していただきたいという思いから
完全プライベート型の講座を開始。
年間、約50名の方が受講。
 
 
いただいているご報告
 
【アニマルヒーリング】
・昨日まで食べられなかったご飯が、食べられるようになった
・腫瘍が治った
 
【アニマルコミュニケーション】
・愛犬のやさしい気持ちに、涙がとまらなかった
・問題行動に飼い主の気持ちや行動が関係いているとは、思ってもみなかった
 
【アニマルコミュニケーション講座】
・自分の心の在り方に、大きな変化を実感
・「見えない、聞こえない」という思い込みが外される講座だった
 
 
現在は
アニマルコミュニケーションセッション
アニマルヒーリングセッション
アニマルコミュニケーション講座
アニマルヒーリング講座
 
飼い主さま向け
音叉(おんさ)セラピー
ハイヤーセルフリーディング講座
を展開。
 
 
日本ペットマッサージ協会認定セラピスト
日本ペットケア協会認定セラピスト
アニマルコミュニケーションで活動されている方々の
複数の講座を受講
 
日本音叉ヒーリング協会認定セラピスト
クォンタムタッチ レベル1修了
遠隔身体調整習得
レイキヒーリング習得
シータヒーリング 基礎・応用・アニマル修了


 
今の私にできることを、精一杯心を込めて。

よつばサロン
アニマルコミュニケーター 近藤久美
 
 
 
  トラ福プロフィール
 
 
2012年10月1日生まれ
 
食べることが大好きで、ご飯のときは怪獣になる
トイプードルの男の子
 
3歳まで、繁殖犬として生きる
 
繁殖犬引退後、新しい家族に引き取られるが
3か月で飼育放棄される
 
その後、保護団体に保護されて
その1週間後の譲渡会で、私たち夫婦と出会う
 
主人が、「うちに来る?」と
口元に指をもっていったところ 
「ぺろっ」となめてくれたことがきっかけで
トライアルを開始
 
2週間のトライアル期間を経て
2015年11月7日、近藤家の一員となる
 
 
現在は
よつばサロンの看板犬として
私、近藤久美のメンターとして
大活躍中
 
 
■□□--------------------------□□■
 
 
トラ福は3歳まで、繁殖犬でした。
 
どういったブリーダーさんだったかは知らされていませんが
一番愛情が必要な幼少期に、家庭犬のような愛情を
受けてはいなかったと考えられます。
 
 
膝の上に乗ってきたり、抱っこも大好きでしたが
我が家に来てしばらくは、心は開いてくれていませんでした。
 
我が家の方針で、人間と一緒に暮らすための
最低限のルールは、少し厳しめに伝えていました。
 
「なんとなく納得がいかない」という表情や行動はありましたが
トラ福なりに、がんばって学んで、受け入れてくれました。
 
しかし、トイレの粗相だけは、なかなか収まりませんでした。
トラ福なりの、最後の抵抗だったようです。
 
トイレの場所は明らかに分かっていて、その場所でやらなくてはいけない
ということも分かっていましたが、私たちの顔をみながら粗相をする
という行動が、しばらく続いていました。
 
 
そのころのトラ福は
「僕は間違ってないんだぞ」
という目で、私たちを見ていました。
 
約3か月ほど、トイレ戦争は続きましたが
とことんトラ福と向き合い、気持ちを受け入れながら
接していきました。
 
 
我が家に来て3年。
今は、心も体も、私たちに預けてくれています。
 
トラ福がそばにいてくれること
今は、それだけで、とても幸せです。